マンスリー・ウィークリー生活トラブルQ&A
火災の予備知識
初期消火の方法を知っておく
消火器の使用方法
火災受信機が鳴った時の対処
こんなとき・・・
ブレーカーが落ちる
テレビの映りが悪い
お湯が出ない
エアコンが効かない
漏水事故が起きたら
ガスが使えなくなったら
ガス警報器が鳴ったら
自分で出来る予防
ドロボウの侵入を防ぐには
結露を防ぐには
排水管の詰まりを防ぐには
マンスリーアミックストップページへ
マンスリー・ウィークリー
生活トラブルQ&A
災害予防と簡単な修理
マンスリー、ウィークリー生活トラブルQ&A イメージ
火災の予備知識 初期消火の方法を知っておく

小さな火災であれば、状況を判断し、自分で消火できます。
初期消火の方法は次の3つになりますのでよく見て覚えておいて下さい。

1.除去消火 2.窒息消火 3.冷却消火
除去消火
窒息消火
冷却消火
可燃物を取り除く 空気を遮断する 水をかけて熱を下げる
ガス火災ならガスの元栓を締め、電気火災なら電気を切る。 濡れたシーツ・ふきんをかぶせるか、毛布・布団で覆い、上から水をかける。 直っ火に吹き上げる炎は見かけほどでなく、消してしまえば小さな焼け焦げだったりします。 天井まで炎が届いても、天井に火が燃え移らない限り自分でも消火できます。 匂いや煙が多い時は、吸い込まないように低い姿勢で消火して下さい。 ただし、油には水をかけないで下さい。